FC2ブログ
2013/12/30.Mon

セカンドオピニオン

     【右脇腹がいたいいたいねん;;なとっちさんのそれからそれからなお話です】



     12月14日(土曜日)に
     診てもらってからまる二週間
     の28日。


     お薬を飲んでると痛みも和らいでくれるみたいで
     泣かなくなるんですけど、
     おっ大丈夫かな~
     と思ってお薬を止めてみると
     また切れた?ころに時たま泣くもので。。


     きょうの午後診から先生のところもお正月休みに入ってしまうし
     もう一回ちょっと診てもらっとこー
     っておとーちゃんと話して
     午前診に先生のところへ。。


     そっかーまだ痛いかー・・・・・
     って先生。。
     いつものことですけど♡
     親身に相談にのってくださって、

     じつは今年の2月に新しく開業された動物病院が
     市内に一軒ありまして、
     そこやったらうちなんかより良い機械いっぱい持ったはるし
     設備も整ってるし
     神経系に詳しい先生で
     もしものときには手術も対応してくれはるし、
     チワワは脳の異常からっていう怖い場合も
     あったりするから.....
     一回そこで診てもらってみるか・・・?
     って、
     紹介してくださることにー。


     ひいー
     先生きょうもやっぱりいい先生TT
     自分の信頼できるDr,は
     同じ町医者であろうがそんなこと見境なく紹介してくださる
     ほんとうに心底患者想い
     も~どんだけ~
     やさしい~


     30日の午前中までやったはるしー
     とのこと、で
     (29日はわたしが仕事で・・・ あせ。)
     電話番号まで教えてもらって (もーTT♡)
     すぐさま30日の11時30分で予約お願いしました。



     余談ですが、
     この新しく開業された宮林先生は
     もともとはダクタリさん(ラルのお世話になってるおっきい病院です^^)にお勤めで
     退職して独立されたので
     実績もたくさんおありで腕も確かなのです。

     ちなみに、宮林先生がダクタリさん時代に伊東先生自身も愛犬の脊椎手術で
     お世話になったことがあるそうなーです^^



     というわけで、
     30日ですの
     きょう



2013-12-30-01.jpg


     まだまだ新しいかほりがむんむんしてます。
     宮林先生の新しい巣へ~
     お世話になってきました。

     もわーん♪


     小さな病院の予約制なので
     待合室も本当にかぎられた人たちで
     ごたごたしてなくてなんか気兼ねなくて嬉し~
     な雰囲気でした。


     ほかにいらっしゃったのは
     ダックスちゃんのみ^^

     ぽ~っと待ってたら
     スムーズに診察にも呼んでいただけ
     診察室へ。。



     痛みはおそらく脊椎ではなく
     頸椎からきているもので、
     7ヶ月まえの首の痛みも根本は同じでしょうとのこと。


     原因としては
     まず骨格の問題で、チワワの体型はバランスが悪くて
     犬種的にも起こりやすい病気だそうで
     特にとーまは頭がおっきくて体の重心が前身にきてるので
     どうしても前に前に負担がかかってしまう。

     それに関連して
     あとやっぱり肥満は問題だそうで、
     とーまの場合、
     体に比べて足がすごく細いので
     体重を支えるのに余計な力が体に入ってしまうために
     筋肉が常にこわばった状態で
     それが蓄積されるとどうしても神経にもでてくるので
     ちょっと体重を落とすだけでも軽減されるから
     ちょっと絞ったほうがいいかも・・・
     といわれました。 やっぱり?・・・ あせ。


     ほかにも頸椎に炎症が起きてるときの体のなかでの骨や筋肉・
     神経の状態や
     痛みの起こるメカニズムなどなど
     有難いほど解りやすくいろいろと事細かく説明してくださって
     (しかしわたしのアタマではうまく書けないので・・・よじれた伝えかたになると大事件なので・・・ 抜粋します。 どよーんTT)


     とりあえず
     ほかに原因(悪いところ)はないか?
     血液検査もお願いすることに。
     (レントゲンに関してはきょうのところひとまずお預け)


     採血していただいて、
     一旦待合室へ。。



     で、最初はいってきたときちらっと何かなー?
     と思いながら
     よく見れば
     びっくりですこれ



2013-12-30-03.jpg


     もそもそしてたら受付の方がちょこちょこっとでてきて教えてくださいました^^


     これがいま流行の?ネスカフェさんのバリスタとかいうやつー?
     わたしはじめてやったんですけど (なんかまさかこんなところでーきやー♪)
     いいですこれいいー
     わたしもほしいなあーがおー


2013-12-30-02.jpg


     おとーちゃんにコーヒーはいったー♪


2013-12-30-05.jpg


     わたしはミルクティーおよばれしました^^


     そうそう、お湯どこー?
     っておもったら


2013-12-30-10.jpg

2013-12-30-11.jpg


     お湯もちゃんと出るんですねー@∀@感動。↑左湯↑右水

     すごいー
     フジヤマジャパン



2013-12-30-07.jpg

2013-12-30-06.jpg


     あー
     とーまもおいしいお水いただきました♪

     ぐびぐび。



     ってだいぶ話それました
     すみましえん・・・
     ひとりもりあがり。 あせ。



     アメージングな出来事にひとしきり感動してたら
     2回め呼んでいただけまして^^
     (血液検査の結果がでたのー)
     ふたたび診察室へ。。


     血液の状態は良好で
     所見もなくーえがったー♪



     痛み止めを飲むと状態も和らぐという状況や
     いまのとーまの動きをみてる限りでは
     おそらくそれほど重症ではないと思うので
     とりあえずきょうから一週間
     筋肉の硬直をとるお薬とビタミン剤の内服を一日2回
     痛み止めの内服を一日1回で
     様子をみてみることに。。

     それで痛みも出ず
     大丈夫そうならじょじょに痛み止めの間隔を
     あけていって
     最終的には頓服のような状態で
     痛みがでてしまったときに飲むという形で
     うまくつきあっていければ
     とーまの場合はばんばんざいかな・・・?
     というところ。


     根本的に
     骨格や体型からきてる原因がおおきいので
     完治を望むのはむずかしく・・・
     大切なのは自己管理

     あとはだいえっと・・・ わー。



     もちろん手術もありますが、
     比較的容易?な脊椎の手術とは対照的に
     頸椎は体の大切な神経がすべて集まってる箇所なので
     リスクもかなり高く
     余程の重症でない限り手術は施さないことが多いですとのこと。

     (ダクタリさん時代でも脊椎30件くらいに対して頸椎は1件程度やったらしいです。)
     
     
     でも幸い意外と頸椎の場合
     手術までしなくてもお薬でうまく乗りきってるわんちゃんが多いそうです・・・ 嬉*

     (逆に脊椎はお薬よりも手術してしまったほうが早いそうですょぉ。 わおぉ。)




2013-12-30-15.jpg



     とながながと
     すみません・・・
     それもこれもとーまのために。


     そして、
     もしも似たような病で悩んでらっしゃる飼い主さんやわんちゃんの
     なにか少しでも光になれればいいな~
     と思っています。^^


     みんながんばりやさんだから☆




2013-12-30-14.jpg




     *お薬*
     痛み止め【一日:1回】
     筋肉の硬直をとるお薬【一日:2回】
     ビタミン剤【一日:2回】


     体重は2.5kg



     次回診察日
     【1月5日】 am10:30
     (予約済み)



     ● memo ●


     ★左クリックでおおきくなります★  【血液検査の結果】



2013-12-30-17.jpg

2013-12-30-51.jpg



スポンサーサイト



*フォーンTo-ma*