2016/10/08.Sat

薬師院(こぬか薬師)

     <由緒>
     本尊の薬師如来は
     伝教大師が十六歳の折に彫った七体の一つで、
     現存するのは延暦寺と同院のみという。

     薬師院の本尊は、比叡山から美濃(現在の岐阜県)の寺を経て、
     現在の場所に移されたといわれる。


     「こぬか」のいわれは鎌倉時代にさかのぼる。
     1230年、疫病が全土に流行して、貴族や民衆の区別なく死者が相次いだ。
     ある日のこと。
     この寺の住職の夢に本尊の薬師如来が現れ、こう告げた。
     「わたしの前に来れば一切の病苦を取り除こう。来ぬか、来ぬか」
     感激した住職はお告げをふれ回り、遠国からも病人が集まった。
     本尊にお祈りするとたちまち病気は治り、長寿をまっとうできた。
     以降、この本尊をこぬか薬師と称するようになったという。





     10月8日は
     本尊薬師如来開扉法要

     年に一度の
     御開帳の日



2016-10-08-01.jpg



     ひ〜
     すーっごい行列
     じゅずつなぎ
     次から次へと人で人で人だらけ
     わらわら大賑わいでした
     ま〜





     というわけで、
     頂いたご朱印はこちらです



2016-10-08-14.jpg


2016-10-08-19.jpg
     「瑠璃光殿」(10月8日限定・別紙)

2016-10-08-24.jpg
     「瑠璃光殿」(10月8日限定・金紙・別紙)




     通常の御朱印と御詠歌も
     きょうは別紙対応で、
     しかし左上の印が限定のものでそれはそれで迷ったんですけど
     きょう以外の日なら直筆して頂けるとのこと
     悩んだすえ。。。
     通常の御朱印と御詠歌はまた後日帳面に頂きに寄せてもらうことにしました



     そして、
     人が多くて多くて訳わからず
     本尊を拝見できずにそそくさと帰ってきてしまいました
     (>_<)
     来年こそは是非に(T_T)





     というわけで、
     


2016-10-08-02.jpg

2016-10-08-03.jpg


     よろしくお願いします。。。♡


     疾病退散の数珠で
     ひゅーいの心臓もさすってもらいたかったな´`
     (皆さまそれぞれに悪いところさすってもらったはったんです〜ぅぅぅ・・・いいな)



2016-10-08-06.jpg

2016-10-08-05.jpg


     ここでみててもらおな^^
     ひゅーいー


     合掌。





     おひるはガストはん(^-^)/


2016-10-08-30.jpg
     おとーちゃん
     超肉盛り!ワイルドプレートとドリンクAセット


2016-10-08-32.jpg
     わたし
     1日分の野菜のベジ塩タンメンとしらすごはん



2016-10-08-40.jpg


     おやつはちっちゃいエクレアでした(^-^)/





     染めの記録


2016-10-08-45.jpg


     前回の全染めからイルミナカラーやってます!!
     きょうもイルミナ〜
     染めなおし〜
     今回は前回より1こ明るいめにしてもらいました
     6から8(たぶん)
     色はコーラルのまんまですー



2016-10-08-46.jpg

2016-10-08-51.jpg


     だいぶぴんくぴんく





     あ、ひゅーいのお薬もきょうもらってきましたー
     次回通院日は22日9時30分で!


     ばたばたや〜
     \(^o^)/




スポンサーサイト
*ご朱印日記*