--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2016/11/26.Sat

東寺

     八坂さんの真ん前にパブロさんがオープン〜‼わーんめっちゃ行きたいんですけど
     いまは近づきたくない
     あっちのほう人だらけやからぜったい
     おそろしいおそろしい



     東寺どすえ
     はんなり(^‐^)/



2016-11-26-01.jpg

2016-11-26-02.jpg
     九条通りから観た五重塔(国宝)



2016-11-26-04.jpg

2016-11-26-05.jpg
     南大門(重文)


2016-11-26-06.jpg



2016-11-26-08.jpg

2016-11-26-09.jpg



2016-11-26-10.jpg
     入ったところで振り返ってみる南大門(裏)



2016-11-26-12.jpg
     右手に八島社(奥に五重塔)


2016-11-26-14.jpg
     正面に金堂(国宝)

2016-11-26-16.jpg

2016-11-26-17.jpg

2016-11-26-19.jpg

     堂内には御本尊の薬師如来坐像と
     両脇には日光・月光侍菩薩像
     御本尊の台座の周囲には十二神将像

     大きな大きな御本尊が兎に角神々しくて
     いつまでも観ていたい
     無量無辺の一言です



2016-11-26-21.jpg
     講堂(重文)

2016-11-26-23.jpg

     堂内には五知如来坐像を中央に、
     左手に五大明王像、右手に五大菩薩坐像、
     脇には四天王立像・梵天坐像・帝釈天半跏像

     二十一の仏像さまがわらわらおいでです
     立体曼荼羅の世界は圧巻
     


2016-11-26-25.jpg
     金堂(奥)と講堂(手前)



2016-11-26-26.jpg


2016-11-26-27.jpg



2016-11-26-28.jpg
     食堂
     初代食堂は元禄5年(1596年)の地震で倒壊、
     寛政12年(1800年)にようやく再建工事が始められたものの
     昭和5年(1930年)に火災で焼失、
     現在の建物はその後の再建で昭和9年(1934年)に完成したものだそうです。


2016-11-26-29.jpg
     旧本尊の千手観音さまは昭和5年のその火災で焼損・・・ですが、
     昭和40年から修理が施されて現在は寺内の宝物館にて安置。
     現在の食堂には十一面観音さまがおいでです😊


     そして、
     納経所にもなっています🎵
     御朱印は
     こちら食堂で〜





2016-11-26-30.jpg


2016-11-26-32.jpg


     というわけで、
     あれよあれよというまに雲行き怪しく
     気がつけば・・・あれ( ‘o’)
     青空なくなってて(悲
     なんか暗い
     けどめげてられないせっかくの特別公開ですゴーゴーレッツ
     (実際には、五重塔→金堂→講堂の順に拝観させてもらいました😊)



2016-11-26-33.jpg

2016-11-26-34.jpg


2016-11-26-35.jpg



2016-11-26-36.jpg

2016-11-26-37.jpg

2016-11-26-38.jpg

2016-11-26-39.jpg

2016-11-26-40.jpg


     めっちゃ懐っこいこい瓢箪池のおとと
     呼んだら来てくれた〜(まじで‼)
     スイムスイム♡
     かわいー
     さわれそうないきおい(まじで‼す‼)

     余談ですけど魚も懐きますよねー‼わたし昔らんちゅう飼ってたから
     知ってるんです(=∀=)



2016-11-26-41.jpg


2016-11-26-42.jpg




2016-11-26-43.jpg


2016-11-26-46.jpg
     東大門(重文)/不開門



     なんか暗い暗いもう夕方みたいですけどまだ2時とか
     そんなもんです
     で、


2016-11-26-48.jpg

2016-11-26-51.jpg
     五重塔(国宝)
     元慶七年(883年)竣工、天喜三年(1055年)焼亡、
     応徳三年(1086年)再建、文永七年(1270年)焼亡、
     永仁元年(1293年)再建、永禄六年(1563年)焼亡、
     文禄三年(1594年)再建、寛永十二年(1635年)焼亡、

     四度の焼亡を経てその都度再建され
     寛永二一年(1644年)
     徳川家光の寄進によって竣工、
     現在の塔は五代目に当たる。


     日本では唯一の高さでもあり
     雷が落ちやすかったことも考えられる五重塔ですが、
     地震で倒壊したという記録は見当たらないそうです。



2016-11-26-50.jpg
     ≪総高55メートル≫
     現存する日本の古塔中最高の高さを誇る
     江戸時代前期の秀作です。



     すごい

     わたしじつは初めて初層内部まで拝観させてもらったんですけど、
     こんなことになってたって〰
     いままで知らずに(無知って恐ろしい恥ずかしい)
     てっきり仏像がわらわらおいでな清純の素敵空間とばかりしか
     思ってなかったらなんのなんのそれだけに留まらず
     壁や柱、天井に至るまで、もう全面見渡す限りに描かれた
     仏さまや文様の装飾にただ呆然です感動
     それは時とともに色褪せながらも
     何百年も経ってるとは思えない位
     艶やかに美しい
     観れてよかったです幸せ

     合掌。
     


2016-11-26-55.jpg
     金堂(国宝)




     というわけで、
     頂いたご朱印はこちらです


2016-11-26-71.jpg
     「弘法大師」 東寺の御朱印(真言宗十八本山)




     東寺は数々の霊場巡りの札所になっていたり
     祀られている仏さまが多いこともあって、御朱印の数も多く
     全部で9種類あります!

     1.真言宗十八本山(弘法大師)
     2.京都十三仏霊場第12番(大日如来)
     3.洛陽三十三観音第23番(十一面観音菩薩)
     4.西国愛染十七霊場第8番(愛染明王)
     5.都七福神(毘沙門天)
     6.金堂(薬師如来)
     7.御影堂(不動明王)
     8.観智院(虚空蔵菩薩)
     9.鎮守八幡宮(八幡大菩薩)



     とりあえず、わたしは
     御本尊と御薬師さんが頂きたかったのですけど
     若干立て込んでらっしゃるようす
     きょうは御本尊のみの対応とのこと
     ごめんなさいね〜・・・って^^
     なので、
     御薬師さんはまた後日頂きに寄せてもらいます(^‐^)/




2016-11-26-56.jpg
     講堂の横でみつけた瓢箪池のおととの背中みたいな根っこ



2016-11-26-61.jpg
     暗〜


     ほんの数時間でこんなことに
     なる?
     なるんや〰
     恐〜

     はよ帰る。





     水晶買ってあげました😊


2016-11-26-66.jpg

2016-11-26-65.jpg


     きょうもいい笑顔です😊

     なむ〜





     【12月24日・追記】

     頂きました


2016-12-24-10.jpg
     京都十二薬師霊場第2番札所「薬師如来」




スポンサーサイト
*ご朱印日記*

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。